フォルクスワーゲン:パサート バリアントのオーナーの愛車自慢

パサートヴァリアント V6 4モーション(Passat Variant)のオーナーのサイトです。 オーナーのパサートヴァリアントの愛車自慢やオーナーだからこそ判るパサートヴァリアント の良いところ、悪いところなどの評価やお手入れ方法、操作方法をわかりやすくご紹介します。 オーナーが愛車のため集めたパサート(passat)/パサートバリアントの情報やフォルクスワーゲン (VW)関連のいろいろな話題が盛り沢山です。

posted by フォルクスワーゲン大〜好き!

びっくり!憧れのパサートバリアントR36がこんな価格に・・・

びっくりしました!

憧れの・・・

あの・・・

VWパサートヴァリアントR36が新車時の半額以下になっちゃってました。
「ハイパフォーマンスかつ高品質なプレミアムスポーツにのみ与えられる」・・Racingの「R」のついた3600ccのモンスター・カーが中古で新車時の価格の半額以下になってました。

インターネットちょっと調べただけでも【2008年式で事故暦なしで、 230万円】でした。
新車時の価格が600万円近かったので、本当にびっくりですね。

ハイブリットや電気自動車の圧倒的な燃費の魅力とランニングコストに押されてしまっては・・・流石のパサートヴァリアントR36も激安になっても仕方が無いですね。

でも、パサートヴァリアントR36 V6 4MOTIONの最高出力 220kW(299PS)、0-100km/h加速 5.8秒、最高速度250km/h は本当にVW好きにはたまりません。
しかも電動パワーシートで、シートヒーター付き!!

実用性が高いのに、カッ飛べるワゴン・・パサートヴァリアントR36 V6 4MOTION、買っちゃおうかな。




posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 22:45 | パサート バリアントって??〜プロローグ〜

新型VWパサート・・2015年フランクフルトショー準備中

随分先ですが、2015年フランクフルトショーでワールドプレミアが噂されるフォルクスワーゲン・パサート・ヴァリアント・・・楽しみですね。

次期モデルは、ずば抜けた軽量化を可能にするフォルクスワーゲンのプラットフォーム「MQB」が採用されるのは間違いない様子・・・楽しみですね。
もっともっと居住空間が大きくなるみたいです。

そして、エンジンは なんと!!1.4リットル直4ターボが搭載予定。

素晴らしいですね!!



posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 21:43 | パサート バリアントって??〜プロローグ〜

パサートバリアントの生まれた国のドイツのお話

パサートバリアントの生まれた国のドイツにお仕事で来ております。町中・・・パサートバリアントだらけです。10台に3台はパサートバリアントじゃないの??って言うくらいパサートバリアントだらけです・・・ドイツのパトカーももちろんパサートバリアントでした。あまりお世話になりたくない車ですが、なんとも親近感が・・・不思議なものですね。映画の中のキャラクターみたいなもので自分の国のパトカーと違っているのでこんな親近感がわくのでしょう。でも後ろの乗りごごちはやっぱりパサートバリアントだから広くて快適のようでした。こんな快適なら、悪いことしても反省しない人がいるかもしれませんね。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 06:57 | パサート関連の話題

車検!早くも3年経ちました。

愛車のフォルクスワーゲン パサートヴァリアント もとうとう車検の時期になりました。
走行距離は・・・・3年で14000 kmとほぼ新車状態。

大切にしすぎたかな?でもおかげで車検代は最小限で済んでくれました。フォルクスワーゲン パサートヴァリアントっていい車ですね。

フォルクスワーゲンに車検に出しましたが???って感じでした。
詳細につきましては、後日詳しくレポートしたいと思います。
タグ:車検
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 00:16 | 車検

♪♪ウッドパネル追加しました!とっても豪華♪♪

とともとインテリアは豪華なフォルクスワーゲン パサートバリアントV6 4MOTIONですが、
さらに豪華な雰囲気になるようにウッドパネルを追加しました!!

もともとのパサートバリアントV6 4MOTIONのインテリアはこんな感じです!!
これでもフォルクスワーゲンのフラッグシップ的な車なの??って感じです。
EOSと比べるとさみしい限りですね・・・下手するとゴルフより寂しいかも・・。
経費節減の影響ですか・・・ワーゲンさん??しっかりお願いします!!
1.jpg

2.jpg

そこで今回はこんな感じにフォルクスワーゲン パサートバリアントV6 4MOTION
インテリア(内装)を仕上げました!!

3.jpg

4.jpg

各ドアのハンドルの部分はもちろんですが、天井の前と後ろにある室内灯の周り
やエアコンの吹き出しの部分も・・・かなり豪華です!!
とくにセンターコンソールの後ろ側のエアコンの吹き出しのところが豪華なので
フォルクスワーゲン パサートバリアントV6 4MOTIONの後部座席に座るとなんと
もいい気持で家族にもいい評判です!!

フォルクスワーゲン パサートバリアントV6 4MOTIONは、ドアを開けると、そこには
広々とした空間が広がります。
レッグスペースもヘッドクリアランスも、たっぷり。
窮屈さや圧迫感を感じさせません。
そこに今回ウッドパネルを追加したので、インテリアのデザイン、もともとの上質な
素材感を向上させることができました!!

とくに今回はビデオもアップしていますのでインテリアの違いをゆっくりと見てくだ
さいね!!




posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 23:02 | オーナーの愛車自慢

♪rial 社製アルミホイール♪

今度は、ドレスアップの定番・・王道のアルミホイールをドレスアップしました。

フォルクスワーゲン パサートバリアントV6-4MOTION は、そもそも純正で結構おしゃれな17インチのアルミホイールを装備しています。

jyunnsei.jpg

ですが、どうしても自慢のパサートバリアントV6-4MOTIONの見た目を良くしたくってアルミホイールを社外製に交換することにしました!!
いつもの行きつけのフォルクスワーゲンのディーラーの営業さんに相談したところ rial 社のアルミホイールを紹介されました。
あまり予算もなかったし、デザイン的にもなかなか良かった rial社製の SION にお勧めのまま決定!!
なんともフォルクスワーゲンさんの営業さんに弱い自分が・・・・ちょっぴり寂しいです。

アルミホイール

最後まで迷うに迷ったのが・・・実用的な18インチにするべきか、デザイン重視の19インチをチョイスするか・・最後の最後まで本当に迷いました。
ですが、乗り心地をある程度確保したいということで・・・18インチをチョイスしました♪
いかがですか??なかなかいい感じです・・自慢のフォルクスワーゲン パサートバリアント V6-4MOTION が見違えるくらいカッコよくなりました・・・自画自賛の自己満足の世界に浸っています。

でも・・よくよく見れば・・タイヤハウスの隙間が・・気になりだしました!!
やっぱり車高を少し下げたほうがパサートバリアント V6-4MOTION はきっときっともっとお洒落ですね!!

ということで次回は、自慢のパサートバリアント V6-4MOTIONサスとショックを車高調付きのサスとショックを交換し車高を2〜3 cm下げようと企んでいます。
まだまだパサートバリアントにはお金が掛かりそうです。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 00:26 | オーナーの愛車自慢

2008年モデル情報♪

2008年モデルのフォルクスワーゲン:パサート/パサートヴァリアント(Passat/Passat Variant)の気になる仕様の変更点です!!

パサート 2.0 (Passat)

パサート/パサートヴァリアント V6 4 モーションのみ標準で装備されていたリヤウインドー電動サンブラインドが、2.0 も電動式に変更となりました。
でも、これって 2.0T ユーザーにとってはバージョンアップでお得な感じですが、パサート/パサートヴァリアント V6 4 モーション
のユーザーにとっては、2.0 T との差別感がなくなり同時にプレミアム感がまたひとつなくなってしまいました・・・(泣)


パサート/パサートヴァリアント V6 4 MOTION (Passat/Passat Variant)

エンジン、外観などのエクステリアの変更はなく、内装/インテリアの変更のみ行われました。
内装といってもカーオーディオ(カーナビ)周囲のセンターコンソールパネルがアルミ仕様に変更になりました・・これもなんだかプレミアム感がなくなってしまいました・・(泣)
2007年モデルと2008年モデルどっちがいいかなんて人それぞれの好みの問題ですが、まだニューモデルを見ていない方はビデオをどうぞ。



地球温暖化防止・・森林伐採防止・・エコっといったところの影響だそうです。
エコを意識したフォルクスワーゲンの企業戦略といったところでしょう・・プレミアム感を求める人はご自分で・・。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 02:00 | パサート関連の話題

低燃費TSIエンジン搭載・・TSIコンフォートライン

フォルクスワーゲン パサートシリーズに低燃費・高出力両立させた新世代 TSI エンジンを搭載した
新しいグレードの『TSIコンフォートライン』が加わりました。
早速、家の近くのフォルクスワーゲンのお店に突撃しました。

passat.JPG

先ずは、今回のTSIコンフォートラインの目玉!!TSI エンジンに注目!!

TSI.JPG

TSIコンフォートラインに搭載されたエンジンは1.8リッターTSIエンジンで、直噴システム+ターボ
の組み合わせで、10.8km/Lの低燃費と160psの高出力を両立したそうです。
残念ながらゴルフの TSI のようにスパーチャージャー+ターボの組み合わせではありませんでした。

前モデルのパサート2.0と比べるとパワーを10ps向上させながら、パサート2.0とほぼ同等の燃費
だそうです。

装備の面では、タイヤ警告灯が追加装備となったほかパサートバリアントのルーフレールがブラックから
クロームに変更され、パサートバリアントシリーズにふさわしい高級感が・・・。

内装は・・・なんとなく控えめでした。



早速パサートTSIコンフォートラインを試乗してみると・・アイドリング状態から、少しアクセルを踏むだけで
このエンジンはすぐに高性能な力を発揮する領域に到達するので必要以上に踏み込むことはない感じでした。
ミッションは残念ながらDSGミッションは搭載されなで6速のオートマチックトランスミッションでした。

やっぱり、僕のパサートバリアント V6−4 Motion の高級感とパワーを再確認する幸せの一日でした・・でも
燃費は魅力ですね!!とっても良さそうでした。


posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 20:54 | パサート関連の話題

フォルクスワーゲン(VW)パサート(Passat)の4ドア・クーペがデビュー!!

デトロイトのモーターショーでフォルクスワーゲン(VW)パサート(Passat)の4ドア・クーペがデビュー!!



2008年の第2四半期にヨーロッパで、第4四半期に北米と日本で発売予定のフォルクス
ワーゲン パサート(passat)シリーズ
にニューモデルのパサートCC(passat CC)
が加わります。

『トルネードライン』と呼ばれる伸びやかなショルダーライン・・低く抑えられ
たエレガントなルーフラインが特徴的な、4ドア・クーペ・・・メルセデス・ベ
ンツCLSクラスを意識したパサート(Passat)の新バリエーション!!かっこいい
ですね!フォルクスワーゲンのデザイナーも頑張りました!

ボディサイズは全長4796mm、全幅1856mm、全高1420mmで、既存のパサート・セダ
ンと比較すると全長で31mm長く、全幅で36mm幅広く、52mm車高が低くなっています。

ビデオを見れば判るようにインテリアは既存のパサート(passat)/パサートヴァ
リアント(Passat Variant)
とカラーリングを変更しただけで基本デザイン同じ。
リアシートは、センターコンソールにより左右セパレートとなって、乗車定員は
4人・・・。

最高出力160ps/5000r.p.m.、最大トルク25.5kg-m/1500r.p.m.の1.8リッターTSIエンジンと
、200ps/5100r.p.m.、28.5kg-mの2.0リッターTSIエンジン、280ps、36.7kg-m/2500r.p.m.
の3.6リッターV6FSIエンジンが搭載される予定で、もちろんトランスミッションは、1.8TSI
が6M/Tと新開発の7段DSG、2.0TSIは6M/Tと6A/T、3.6FSIは6A/Tの組み合わせのよう
です。
3.6FSIには 4 Motion が発売されるようです。

今年もやっぱりフォルクスワーゲン パサートあついです!!
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 16:14 | パサート関連の話題

パサート/パサートヴァリアントR36情報

フォルクスワーゲン パサート(Passat)/パサートヴァリアント(PassatVariant) R36 !!!




2006年12月のドイツのエッセンモーターショーで初公開されて今年のモーターショーでフォルクスワーゲンのブースで話題だったパサート(Passat)/パサートヴァリアント(PassatVariant) R36です!!

最高出力300ps(ドイツ仕様)の3.6リッターFSIエンジンで 世界で一番と言われるトランスミッションのDSGと 4MOTION を搭載して100km/hの加速は 5.6秒(ヴァリアントモデルは 5.8秒)というスーパーフォルクスワーゲン パサート(Passat)/パサートヴァリアント(PassatVariant)です。

フォルクスワーゲンのファンでないひとやパサート(Passat)/パサートヴァリアント(PassatVariant) を知らない人、AUDI、BMW、アルファロメオ好きの人でもこのコマーシャルを見れば・・・興味を持つはずです。

もちろん、フォルクスワーゲン大好きのパサートヴァリアントV6 4MOTIONのオーナーである僕は・・・買い替えモードに入ってしまいました。
早速、お友達の営業マンに電話をかけてしまいました・・・(笑)

大型化されたフロントバンパースポイラーは、中央部からサイドにかけてガッシリした4本の横ラインがデザインされていて、ゴルフR32と同一感のあるデザイン。タイヤは前後とも235/40R18を履いている。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 18:53 | パサート関連の話題

パサート ヴァリアントの魅力

フォルクスワーゲン パサート ヴァリアントは、その名の意味する通り『僕たちを日常の現実の世界から遠く離れた異次元の世界へと運んでくれる貿易風です。
そしてフォルクスワーゲン パサート ヴァリアント貿易風という・・プレミアムなのです。

新しいフォルクスワーゲン パサート ヴァリアントには時代とともに色あせることのないドイツ車らしいデザインにヨーロッパ最高位の安全性(欧州自動車衝突安全テストのユーロNCAP最高の5つ星を獲得している)とD セグメントの大きく広いボディーの中のすべての内装品にも妥協のない高い質感を感じる事ができます。

フォルクスワーゲン パサート ヴァリアントのテレビコマーシャル、雑誌やカタログに Passat-ism 『走りより、走り方』『車格より品格』という
新しいコンセプトを提案し、本当のプレミアムとは何か、車格より品格を求める人たちに、ただ早く走ることより、美しく走ること、気持ちよく走ることに喜びを感じるそんな人にぴったりの車です。

他のドイツ車やヨーロッパ車のようなプレミアム感ではなく、私たちにヴァリアントというカタチを必要とする新しいライフスタイルとは何か、本当のプレミアムとは何かをフォルクスワーゲン パサート ヴァリアントに乗れば判ると思います。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 20:43 | パサート バリアントって??〜プロローグ〜

プチ・ドレスアップ♪♪

オーナーの愛車自慢

パサードヴァリアントのフルモデルチェンジから1年以上過ぎてはいるものの、まだまだドレスアップパーツが少なくあまり『いじくること』ができないのが現状です。

そもそもフォルクスワーゲン パサートヴァリアントはドレスアップしないで乗るべき車種なのかも・・・。

その中でほんの少しだけエクステリアをドレスアップした僕のパサートヴァリアントをご紹介します。

kaizou2.jpg


@フロントグリル
アメリカンチックなステンレス製のフロントグリルをオークションのeBay でアメリカの SHOP で購入しました。
何度も交渉しても日本まで発送を了承してくれない為、アメリカ出張を利用して現地の Hotel で受け取り、日本までハンドキャリーしました・・・・成田空港の税関でスーツケースを 開けられた時の税関職員さんの微笑みが忘れられません ・・・・・(笑)

こんな努力の結果、ドイツ生まれのパサートヴァリアントがアメリカンチックになりました!

Aフロントのウインカー
フロントのウインカーをスモークタイプに変更しました・・・・パサートヴァリアントのお顔がちょっぴり引き締まりました。

Bサイドミラーのウインカー
フロントのウインカーと同様にスモークタイプに変更しまし・・・やぱり同じデザインがいいですね。統一感が出てきてさらに全体のイメージが良くなりました。

2008年はパサートヴァリアントR36の発売が決定しているようなので、R36チックなパーツが出てきてくれるといいですね。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 19:02 | オーナーの愛車自慢

新しいデザインのフロントグリル

堂々とした風格の新しいデザインのフロントグリル

grill.jpg


フォルクスワーゲン全車に統一感のあるフロントグリルが採用されました。
盾をモチーフにした、太いクロームで縁取られたフロントグリルで、AUDIやBMWほどの存在感と威圧感はないし、アルファロメオなどのデザインのよさを感じることはまだまだ出来ませんが、一般大衆車としてのフォルクスワーゲンにしては大きな一歩であると思います。

"Wappengrill(ワッペングリル)"と名付けられたこのデザインは、フォルクスワーゲンの新たなアイデンティティーを表現していてフォルクスワーゲンの新しいほとんどの車に採用されています・・・ビートルは違いますが・・・・


そもそもこの『ワッペン』と言う意味は、ドイツ語で紋章の意味でフォルクスワーゲンのデザイナーはこれをフォルクスワーゲンの車にのる乗員を守るための盾をイメージし、そして自らの存在を物語る紋章としてデザインしたそうです。
アグレッシブなライトデザインが、以前のフォルクスワーゲンの車には無かった堂々とした風格に洗練されたイメージになりました。

この"Wappengrill(ワッペングリル)"が気に入ってパサートバリアントを購入された方もいると思います・・だって僕自身もそのひとりだから・・。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 21:06 | エクステリア/exterior

便利なブレーキシステム

エレクトロニック パーキングブレーキ

パサート/パサートヴァリアントのパーキングブレーキはレバーもペダルも使わない、画期的なパーキングブレーキで
ボタン操作だけで、パーキングブレーキを操作することが出来るエレクトロニック パーキングブレーキを採用しています。

pbrake.jpg

オートホールド機能

パサート/パサートヴァリアントは、ブレーキシステムにプラスされたオートホールド機能はとっても便利!!
渋滞の多い日本の道路には抜群の機能です。
これは、フットブレーキを踏み続けなくても、停止中のクルマを自動的に制動する機能で、渋滞時にブレーキペダルから
足を話すことが出来ます。
そしてアクセルを踏めば自動的にブレーキを解除してくれすからどても便利!
さらにパサート/パサートバリアントのブレーキディスクには、フォルクスワーゲン初のワイパー機能が装備されています。
雨の日などの走行時にブレーキディスクに水滴が付着すると、定期的にブレーキパッドをディスクに押しつけ、ディスク
表面の水の膜を除去し、安定した制動力を確保してくれるので安心で安全なドライビングをすることが出来ます。

そのうえで、ESP(エレクトロニック スタビリゼーション プログラム)やEBD(電子制御式ブレーキ圧配分システム)
ABS(アンチロック ブレーキング システム)など最先端技術もちゃんと装備されてます。

ESP・・・不安定な状況に陥るおそれがある場合、ブレーキやエンジン出力を制御する機能。
EBD・・・状況におうじて前後輪の制御力を適切に配分する機能。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 20:22 | テクノロジー/technology

パサートバリアントのエアコンの快適使用方法

パサートバリアントのエアコンの快適使用方法

aircon.jpg

オートマチックモードでエアコンを使ってみよう!

パサートヴァリアントのオートマチックモードは、温度、送風の強弱、エア吹出し口を自動的に調整し、設定した温度に自動で維持してくれます。
操作方法はボタンを押すだけだから、とっても簡単!!ボタンの黄色いランプが点灯し、エアコンが作動します。
フォルクスワーゲン パサートヴァリアントのこのシステムは、日光の強弱までも加味して調整してくれちゃうから、年中快適な環境を提供します。


デフロスト(霜とり)機能とテールゲートウインドゥガラス熱線

左のボタンの上を押すとフロントウインドゥに直接エアを吹き付けるデフロスト機能が作動します。
ウインドゥの霜や曇りをとる時に使用します。
同じボタンの下を押すとテールゲートウインドゥガラス熱線が作動します。
ガラスが曇ったときに使用すると、曇りをとることができます。
手動でOFFにできますが、20分後自動的にOFFになちゃいますから便利だけど気を付けないとまた曇ってしまいます。

ちょっと特殊な内気循環モードの使い方

フォルクスワーゲン パサートヴァリアントの基本は、外気循環です・・車内の機密性がいい体からそうです。
さすが、ドイツ車、フォルクスワーゲンの車作りのこだわりです。
左上の矢印のしっぽのようなマークのボタンを押すことで、内気循環モードになります。
排気ガスや不快な臭いが室内に侵入するのを防ぐことができます。
外気温度が高いときは内気循環モードで冷やした空気を循環させて、より効果的に車内を冷やすことができます。

でもここで注意してください!!

フォルクスワーゲンは、内気循環モードでは車内に新鮮な空気が入りません。
さらに、エアコンをOFFにすると、ウインドゥがすぐ曇ってしまい、視界が妨げられ事故の危険が増大します。


posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 21:58 | インテリア/interior decor

バイキセノンヘッドライト

バイキセノンヘッドライト

030.jpg


パサート/パサートバリアント V6 4モーション
には、標準で、2.0 と
2.0T にはセット・オプションでとっても明るくて賢いバイキセノン
ヘッドライトが装備されます。
ハイ&ロービーム/オートハイトコントロール機能付きでロービーム点灯
時のコーナリングの際、ステアリング操作に連動して、操舵方向に最大
15度の角度で向きを変え、進行方向を照らし出すダイナミックコーナリ
ングライト
も装備しています。
コーナーカーブの先を照らしてくれるので大好きなパサートバリアント
でする夜のドライビングがとっても安全で快適です。




そしてエレクトロニックリモコンキーをダッシュボードのスロットに差し
込み、エンジンを始動するとこのダイナミックコーナーライトが自動でキ
ャリブレーションを始じめます。
その動きはまるでハリウッド映画のターミネーターのようです・・必見です。
でも残念ながらドライバーは見ることが出来ないのでビデオを撮りました。
是非見てください。




また、低速時には車両軸に対して約35度の角度で固定されたスタティック
コーナリングライト
が作動しますので夜の交差点などで歩行者を確認する
時にそっても安全ですね。

夜にパサート/パサートヴァリアントをドライビングするとパサート/パサート
ヴァリアントの進化を感じる事ができます。


posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 21:35 | エクステリア/exterior

コンピューター・プログラムの不具合??

パサート/パサートヴァリアントのアクセルのコンピューター・プログラムの不具合??

『交差点などで低速で一時停止の後、アクセルを踏んでも数秒動かない事がある』と言う不具合?パサート関連の掲示板で書き込みされています。

フォルクスワーゲンのディーラーで整備の人に聞いてみたところ、左足でブレーキでを操作するオートスポーツ経験者の運転操作時に起こるようでパサート・パサートヴァリアントの不具合というより、フォルクスワーゲン車特有の症状のようです。

症状としては、ハンドルを切っているときで、且つ、アクセルを踏んで離し、ブレーキを踏んで停止・・・そしてアクセル踏んだ時に必ず起きます。ただ、左足でブレーキ操作をしていなければ起きません。
フォルクスワーゲンの整備の人の説明ですと、ブレーキとアクセルが同時に踏まれた時に、プログラムが自動的にアクセルをキャンセルする様になっているとのことです。フォルクスワーゲンのプログラマーのデザインで運転操作の誤操作による危険を排除する為のプログラムのようです。

そして低速の時にだけ起こり、速度が出ているときは、起きません。またESP機能をスイッチOFFにしている時も起きません。

結構ある状況としては、交差点で右折時に対向車が途切れたからと発信しようとしたときに、1〜2m進んであと・・加速しない・・・・なんて感じです。
ちょっと問題ありのアクセル・キャンル・プログラムでは??との声が多いようで、ゴルフ関連の掲示板などでも書き込まれています。

パサート/パサートヴァリアントR36が発売される前にフォルクスワーゲンに対応していただきたいですね・・・。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 18:55 | 悪いところ・・bad point

ヘッドランプとフォグランプの操作方法

フォルクスワーゲン(パサート/パサートヴァリアント)のランプスイッチの操作方法

パサート/パサートバリアントランプスイッチはハンドルの右側に装備されています。

lightall.jpg


ランプスイッチを右側に一段ずつひねります。

1.オートライト“ON”
autolight.jpg

2.スモールランプ“ON”

small.jpg

3.ロービーム“ON
lightIN.jpg

オートライト“ON”にしておくと、トンネルなどで暗くなるとライトセンサーによりロービームが自動点灯します。
ヨーロッパ生まれのパサート/パサートバリアントのオートライトは国産車のように頻繁に点いたり消えたりはしません。
・・ヨーロッパでは常時点灯が基本なのです。



ハイビームと駐車灯はどうすればいいの??

ランプスイッチを一番右の位置にして方向指示器のレバーを前方(メーター側)に押し出すとロービームがハイビームに切り替わり、引くと戻ります。

また、エンジンを止めて、方向指示器のレバーを上位置にすると車両右側の駐車灯が点灯し、下位置にすると左側の駐車灯が点灯します。
国産車とは少し違いますね。


フロントとリヤのフォグランプはスイッチを引いて操作しましょう。

rfog.jpg


フロントフォグランプを装備している場合、ランプスイッチを一番右にします。
その位置でスイッチを1段引くフロントフォグランプが“ON”になります。

同じ位置でさらにもう1段引くリヤフォグランプが“ON”になります。

posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 21:59 | 操作いろいろ

パサートの面白い動画!いっぱい

とっても素敵なパサート/パサートヴァリアントの動画いっぱい!

パサートR36

これは必見です!!アーチェリーの矢と勝負しているR36のフォルクスワーゲン パサート/パサートヴァリアント R36
のフォルクスワーゲン社のコマーシャルです。
エンジン音も必見ですが、スタイルが抜群!!ほしいですね!
思い切って買っちゃおうかな!!

最高出力300ps(ドイツ仕様)の3.6リッターFSIエンジンで 世界で一番と言われるトランスミッションのDSGと 4MOTION を搭載して
100km/hの加速は 5.6秒(ヴァリアントモデルは 5.8秒)というスーパーフォルクスワーゲン パサート(Passat)/パサートヴァリアント(PassatVariant)
です。



パサートR−GT??

のりのりの音楽に迫力のエンジンサウンドが必見です!!




パサート(Passat)/パサートヴァリアント(PassatVariant)の安全評価

ちょっと致そうな安全性をアピールしたフォルクスワーゲンのコマーシャルです。




パサート(Passat)/パサートヴァリアント(PassatVariant) 2.0T 250Km

100〜250km に加速!!加速感はあまり伝わりませんが・・スピードメーターにご注目!!
250km 出ちゃってます!!大丈夫だったかな??スピード違反・・・よけいな心配してしまいます。




勝負!!DSG VS 6SPPED MANUAL

DSGとマニュアル車のゼロヨン勝負です!!やぱりDSGってすばらしいです!!




posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 21:30 | パサート関連の話題

DSG フォルクスワーゲンの魅惑のギアミッションの裏技

DSG2.jpg

DSGの裏技

パサート/パサートヴァリアント V6 4 モーションには、脅威のギアミッション
DSG が標準で装備されています。

その DSG を装備しているパサートヴァリアント V6 4 モーションだから出来るロケット
スタートです!

ちょっと危険なスタートなので安全に十分に注意してからあくまでも自己責任で
試してくださいね。

1.ESPAUTO HOLD をオフにしましょう。
2.シフトレバーを S レンジ(sports mode) に入れて・・・
3.ブレーキを踏んで・・・アクセルを踏んでください.
4.2500rpmぐらいでブレーキを離す(この回転数がポイントです)と・・
  
ダダダダダ・・ヒュルヒュルヒュルっとあなたのパサートバリアントは、思いっきり
ホイールスピンをしてロケットスタートしちゃいます。

こんなスタートは普通のトルコンの AT 車では出来ません!!きっと壊れてしまいます。
DSG ギアミッションだから出来るのです!!

D レンジで運転しているときこそ・・『車格より品格』だなんていう Passat-ism
を全身で感じて納得出来ちゃうけど

S レンジ・・Sports mode なんて大人しそうな mode だけど、この Sports mode にした
とたん、パサートヴァリアントはびっくりするほど豹変してしまいます。

でも、そんなパワフルなパサートバリアント V6 4 モーションをまた好きになってしま
うでしょう!!
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 21:50 | いいところ・・good point!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。