パサートバリアントの生まれた国のドイツのお話



パサートバリアントの生まれた国のドイツにお仕事で来ております。町中・・・パサートバリアントだらけです。10台に3台はパサートバリアントじゃないの??って言うくらいパサートバリアントだらけです・・・ドイツのパトカーももちろんパサートバリアントでした。あまりお世話になりたくない車ですが、なんとも親近感が・・・不思議なものですね。映画の中のキャラクターみたいなもので自分の国のパトカーと違っているのでこんな親近感がわくのでしょう。でも後ろの乗りごごちはやっぱりパサートバリアントだから広くて快適のようでした。こんな快適なら、悪いことしても反省しない人がいるかもしれませんね。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 06:57 | パサート関連の話題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。