コンピューター・プログラムの不具合??



パサート/パサートヴァリアントのアクセルのコンピューター・プログラムの不具合??

『交差点などで低速で一時停止の後、アクセルを踏んでも数秒動かない事がある』と言う不具合?パサート関連の掲示板で書き込みされています。

フォルクスワーゲンのディーラーで整備の人に聞いてみたところ、左足でブレーキでを操作するオートスポーツ経験者の運転操作時に起こるようでパサート・パサートヴァリアントの不具合というより、フォルクスワーゲン車特有の症状のようです。

症状としては、ハンドルを切っているときで、且つ、アクセルを踏んで離し、ブレーキを踏んで停止・・・そしてアクセル踏んだ時に必ず起きます。ただ、左足でブレーキ操作をしていなければ起きません。
フォルクスワーゲンの整備の人の説明ですと、ブレーキとアクセルが同時に踏まれた時に、プログラムが自動的にアクセルをキャンセルする様になっているとのことです。フォルクスワーゲンのプログラマーのデザインで運転操作の誤操作による危険を排除する為のプログラムのようです。

そして低速の時にだけ起こり、速度が出ているときは、起きません。またESP機能をスイッチOFFにしている時も起きません。

結構ある状況としては、交差点で右折時に対向車が途切れたからと発信しようとしたときに、1〜2m進んであと・・加速しない・・・・なんて感じです。
ちょっと問題ありのアクセル・キャンル・プログラムでは??との声が多いようで、ゴルフ関連の掲示板などでも書き込まれています。

パサート/パサートヴァリアントR36が発売される前にフォルクスワーゲンに対応していただきたいですね・・・。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 18:55 | 悪いところ・・bad point
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。