ヘッドランプとフォグランプの操作方法

フォルクスワーゲン(パサート/パサートヴァリアント)のランプスイッチの操作方法

パサート/パサートバリアントランプスイッチはハンドルの右側に装備されています。

lightall.jpg


ランプスイッチを右側に一段ずつひねります。

1.オートライト“ON”
autolight.jpg

2.スモールランプ“ON”

small.jpg

3.ロービーム“ON
lightIN.jpg

オートライト“ON”にしておくと、トンネルなどで暗くなるとライトセンサーによりロービームが自動点灯します。
ヨーロッパ生まれのパサート/パサートバリアントのオートライトは国産車のように頻繁に点いたり消えたりはしません。
・・ヨーロッパでは常時点灯が基本なのです。



ハイビームと駐車灯はどうすればいいの??

ランプスイッチを一番右の位置にして方向指示器のレバーを前方(メーター側)に押し出すとロービームがハイビームに切り替わり、引くと戻ります。

また、エンジンを止めて、方向指示器のレバーを上位置にすると車両右側の駐車灯が点灯し、下位置にすると左側の駐車灯が点灯します。
国産車とは少し違いますね。


フロントとリヤのフォグランプはスイッチを引いて操作しましょう。

rfog.jpg


フロントフォグランプを装備している場合、ランプスイッチを一番右にします。
その位置でスイッチを1段引くフロントフォグランプが“ON”になります。

同じ位置でさらにもう1段引くリヤフォグランプが“ON”になります。

posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 21:59 | 操作いろいろ

パサート バリアントのリモコン・キーの操作性

パサート バリアントのリモコン・キーの基本操作

パサートのリモコンキーはドアのロックとアンロックのほか、テールゲートやパワーウインドゥの操作が可能です。

リモコン.jpg


ドアのロックとアンロック

リモコンキーをクルマに向けてアンロックマークのボタンを押すとすべてのドア及びテールゲートを解錠することができます。

open.jpg

同様にロックのボタンを押すとドア及びテールゲートを施錠することができます。


close.jpg

真ん中のボタンをパサートのウインカーが点灯するまで押し続けるとテールゲートだけ解錠できます。

back door.jpg

これはあまり知られてない便利な機能で電池の交換時期を知らせるバッテリーランプも付
いています。当たり前とれば当たり前ですがなかなかないとっても親切設計ですね。
点滅した場合はすぐに電池を交換しましょう。



車外からのウィンドウ操作!!

クルマを降りた後に・・・『あっつ!窓が開いたまま!!』なんて経験ありますよね。
そんな時も大丈夫!
パサート ヴァリアントは、車を降りた後でもクルマの外からウインドゥ操作ができち
ゃいます


やり方はとっても簡単。

リモコンキーのロック・アンロックの各ボタンを約3秒押し続けることで、ウインドゥの開閉
操作をおこなうことができます。停止させる場合はもう一度押します。
これであわてずにすみますね。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 21:32 | 操作いろいろ

ウインドー・ワイパーの使い方

ウインカーを出したら・・・・・ボワッツ!ボワッツ!あわてないで・・国産車とは違う、
フォルクスワーゲン独自の操作方法を覚えて、雨の日もパサードで快適なドライブを楽しみましょう。

ワイパー.jpg


パサートは、ワイパーレバーをひとつ上げると間けつ式ワイパーとなり、上のダイヤルを回す
ことで作動間隔を調整することができます。
さらにレバーを上げると低速作動、さらにもう一段上げると高速作動します。



パサートバリアントのウィンドウォッシャーの出し方!!

フォルクスワーゲン パサート ヴァリアントは、ハンドルの右側にあるワイパーレバー
手前に引く
と、すぐにウォッシャー液が噴霧され、少し遅れてワイパーが作動します。

ただし、高速走行中はワイパーとウォッシャーが同時に作動します。
これがとっても便利・・さすがフォルクスワーゲン、頭っいい!!

また、レバーを離すと、ワイパーが約4秒間動いた後に停止します。
これもいいですね!

フォルクスワーゲンやヨーロッパ車のほとんどがワイパー・レバーがハンドルの右側です・・
体で覚えましょう!!



ウインドー・ワイパーのブリーフワイプ機能とサービスポジション

ブリーフワイプ機能とサービスポジション??なんだ??パサートのハンドルの右側にある
同じワイパーレバーを押し下げすぐ離すと、ブリーフワイプ機能でワイパーが1〜2回作動
します。


そして、これを知らないと大変!!!ブレード交換ができません。
エンジンを“OFF”にしてから、ワイパーレバーを押し下げると、ワイパーアームがサービス
ポジション(ワイパーブレードの交換位置)
に動きます。これでパサートバリアントのワイパー
・ブレードを交換できます。

時々、ガソリンスタンドのサービス・スタッフがワイパーの売込みで『点検しま〜す』
なんて不用意にワイパーを持ち上げると・・・ガチャっとボンネットに当たってしま
います・・気を付けないと・・大切なパサート ヴァリアントがトホホの状況になってしまいます。
posted by フォルクスワーゲン;パサート ヴァリアント大〜好き!! at 00:40 | 操作いろいろ

フォルクスワーゲン:パサート バリアントのオーナーの愛車自慢

パサートヴァリアント V6 4モーション(Passat Variant)のオーナーのサイトです。 オーナーのパサートヴァリアントの愛車自慢やオーナーだからこそ判るパサートヴァリアント の良いところ、悪いところなどの評価やお手入れ方法、操作方法をわかりやすくご紹介します。 オーナーが愛車のため集めたパサート(passat)/パサートバリアントの情報やフォルクスワーゲン (VW)関連のいろいろな話題が盛り沢山です。

posted by フォルクスワーゲン大〜好き!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。